家を売る為の媒介契約

家を売るには買主を探さなければなりません。そして様々な手続きなどが必要になります。それらの作業をサポートしてくれるのが不動産業者です。自分の家がどれくらいで売れるかを調べるときはたくさんの不動産会社に査定をしてもらうことは可能です。

そして不動産会社から知識と情報を得ることもできます。家を売ることを決めたならほとんどの場合は不動産会社が仲介に入って買主とのやりとりをサポートしてもらいます。

この時に不動産会社との売買の仲介を依頼するのに媒介契約を結ぶのが一般的です。

媒介契約を結ぶことで不動産会社が売買契約に必要な書類や手続きをおこなってくれて買主を探すための情報の提供や宣伝などもおこなってくれます。

そして最終的な買主との売買の契約を成立させてくれます。

家の売買が成立することで不動産会社に支払うのが仲介手数料となります。

この仲介手数料は家が売れた後の発生するものなので媒介契約を結んだだけでは不動産会社に仲介手数料を払う必要はありません。

したがって仲介手数料は成功報酬ということになります。その仲介手数料も法律で上限が定められているので不動産会社によって大きな差が出ることはありません。家の売却価格相場を知るために複数の不動産会社に査定を依頼することはありますが、媒介契約を不動産会社と結ぶ場合、基本的には一つの不動産会社に絞るようになります。

その媒介契約を結ぶのに媒介契約の形態は3つの形態に分かれています。その形態は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」となります。

一般媒介契約のメリットと留意点